So-net無料ブログ作成
                       自然の中に自然に居るために 改め。

キャンプに行ったり、MTBで山道を駆け巡ったり。ゆっくり生きよう。

   

のんびりリゾート気分のキャンプでした~(3日目、まとめ編) [キャンプ]

レジーナの森キャンプ、3日目とまとめ編です。

3日目朝も冷えました…。

かみさんと子供が寝ている朝5時半に起き出し、とりあえず前日残った薪で焚き火。

写真 12-04-30 5 55 07.jpg


焚き火をしながら紅茶を飲む、最高の朝じゃありませんか!



ゆっくり朝ごはんを摂り、撤収開始。

11時チェックアウトなので、まあ余裕か。


というわけで、今回のキャンプのまとめ。

(施設充実度)
☆温泉・ガーデンスパ(水着着用で温水プールや混浴風呂を楽しめる)は入り放題。
施設は清潔だし、歩いてすぐにこんな施設があるなんて最高。
ぜひ水着を持参してください!

☆MTBコースは短すぎ。案内も少なく周回方向が定められていないので、場合によっては危険。
レンタル自転車はMTBではありません。MTBルック車であり、重く性能は低い。こんな物で金を取るな。
これがMTBだと思われると思うと残念至極。
もっとMTBに精通したスタッフを雇うべき。

テニスやグランドゴルフもあるがそちらは興味なし。

☆レイクレジーナでルアー、フライフィッシングが可能。つまり釣堀ではないので子供に釣りをさせるにはハードルが高すぎ。
親父自身が釣りに精通していないと出来ません。

☆ドッグランや芝生広場はちょっと離れているので、自転車や車で行かないと遠いと思います

(キャンプサイト)
1サイトあたりの広さは十分。
当たり外れはほとんど無いと思われる。
もう少し隣との境に笹や木があれば良かったが…。
フラットで水はけは良さそう。ただし、土中に大きな石があるのか、プラペグで歯が立たないところもあるので、スチールのピンペグも用意すべし。

トイレ等のサニタリー施設は清潔。
洗い場はお湯が出るので食器洗いが楽です。
洗剤やタワシ・スポンジは備え付けが無いので持参のこと。

生ゴミ・ガスボンベ等は分別して捨てる場所があるので楽。
生ゴミを持ち帰るのはキツイですよね。

(買出し・周辺施設)
食料買出しは事前に白河インターそばのイオンなどで済ませるべし。
インターから外れると何もありません。
温泉はレジーナにあるので他へ行く必要なし。
観光スポットは塔のへつりか大内宿くらいか。
レジーナ内で過ごすと割り切ったほうが良い。

羽鳥湖を半周するサイクリングコースがあるが、私はつまらないと思う。
やはり周回出来て、変化がないと。

(本音)
想像していたより全体的に狭い。

MTBコースが短すぎるのが非常に残念。
MTBルック車をレンタルしているうえ、ヘルメットを着用させるという概念が全く無いようで危険。
周回方向も定めないと危険だし、案内板がなさ過ぎ。
もっと初心者が気持ちよく楽しめるコースを長めに作ったほうが良いのでは。

ワイルド好きな方だと、人工的なレジャー施設内で「遊ばされている」感覚を覚えるかも。


とはいえ、温泉施設が併設であること、買出しできるところ等が近くに無いためか、キャンプサイトを出入りする車が少なく落ち着いて過ごせます。

小さい子供を連れたファミリーでも、場内の道路でキャッチボールしたりしてリラックスして楽しめます。
あくせく、ガツガツした雰囲気が無いので総合的に見て良いリゾート施設・キャンプ場だと思います。

のんびりと温泉に入り、ゆったりキャンプ出来るおすすめキャンプ場です。



再訪したいキャンプ場のひとつです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。