So-net無料ブログ作成
検索選択
                       自然の中に自然に居るために 改め。

キャンプに行ったり、MTBで山道を駆け巡ったり。ゆっくり生きよう。

   

SU山リベンジ part2 [山チャリ山サイ]

今日は有給休暇消化の目的で、お休みを頂きました。

天気が良さそうなので、先月行ってあえなく撤退したSU山リベンジ
前日のうちからMTBを車に積み込み気合十分!
え?なぜpart2かって?
リベンジ1回目(今月頭)では雪がガンガン降っていて、山の様子を見ただけでスゴスゴと違う山へ向かったからです。

今回も、徐々に冬型の気圧配置になってくることが多少気がかりか。
しかし!ここ最近暖かいので、雪がガッツリ積もってしまう前に何とかリベンジを果たしたい!

ネットで調べておいた別の登山口から登ることにして、登山口前まで車を乗りつけ時間と体力節約を図ります。
狙ったルートがまたしても藪ヤブだった場合、速やかに違う目的地へ向かうためです。

目的の登山口に到着~。
写真 2015-12-17 10 16 33.jpg


見える範囲はきれいに刈り払いされているようです。
とりあえず一安心。

さあ、MTBを降ろして身支度を整えます。

ネットでの情報だと、キツイ斜面をつづら折れで登っていくらしい。

序盤は植林地のつづら折れのトレイルを淡々と登り。
とても優しく高度を稼ぐ感じで、トレイル自体の斜度は緩い。
また、丁寧に手入れされており、地元の方々の愛着が感じられます。

ぱっと明るく開けると、送電線鉄塔。
写真 2015-12-17 10 52 31.jpg


いい景色です。
写真 2015-12-17 10 56 34 (1).jpg

あ、指が写っちゃった[たらーっ(汗)]

更にトレイルは続きます。
写真 2015-12-17 10 56 44.jpg


鉄塔巡視路を兼ねているらしく、手入れ十分。
まるで遊歩道。

再び植林地に入ると、きれいに手入れされたつづら折れトレイル。
写真 2015-12-17 11 04 13.jpg



急斜面が終わり、尾根に乗ると、気持ち良い雑木林の中に美しいトレイルが続きます。
写真 2015-12-17 11 21 57.jpg


気持ち良く直登~な部分も[ふらふら]
写真 2015-12-17 11 26 14.jpg



直登をクリアすると分岐の標識。
写真 2015-12-17 11 33 12.jpg


左方面は、先月撤退を余儀なくされたコースらしい。
踏み跡ほぼ無し…。
写真 2015-12-17 11 33 28.jpg


これから進む方向は相変わらずグッドトレイルです。
写真 2015-12-17 11 33 22.jpg


目指す山頂が見えてきました。
写真 2015-12-17 12 11 07.jpg


この付近からは、西の方角の見晴らしが良い。
写真 2015-12-17 12 11 23.jpg

写真 2015-12-17 12 11 28.jpg



微妙なアップダウンの尾根を進むと再び分岐。
写真 2015-12-17 12 23 51.jpg


右方向はSU山を北東側から登ってくる登山道。
刈り払いがきれいにされているので、次回はこちらから登ってみたい。
写真 2015-12-17 12 24 19.jpg


目指すSU山方向に進むと間もなく、笹の様子が変わり、大きく深いものに。
写真 2015-12-17 12 25 53.jpg


こんな笹薮のヤブ漕ぎはしたくないな~~。

ここから程なくSU山山頂到着!
登山口から3時間弱。
標識にあった所要時間通り。

写真は省略。
余りにも特徴があるので公開しません。


風が非常に強くなってきて、時々雪が吹き付けるコンディションになってきました。
どんどん雪雲がこちらに攻めてきます!!
写真 2015-12-17 12 45 24.jpg


強風で山全体が唸っているみたいで、ちょっと恐ろしい…


SU山山頂は見晴らしがほぼ無いし、雪が吹き付けてきたので早々に退散…。
写真 2015-12-17 12 50 02.jpg


またきっと来るぞ…とSU山を振り返る。


帰りはほぼ下りで、乗車率は99パーセントか!
最高のダウンヒルです!
写真 2015-12-17 13 01 04.jpg

写真 2015-12-17 13 11 36 (1).jpg

写真 2015-12-17 13 14 29 (1).jpg



車を置いた登山口に戻りました。
ただいま~。
写真 2015-12-17 13 32 36 (1).jpg



いや~、久しぶりにアタリのトレイルでした~~!
送電線鉄塔巡視路が複数あり、バリエーションルートを組めそうです。

帰りに道の駅で、かみさんにお土産を買ってから帰路につきました。
また来るぞ!



注:ここが何処だか分かり、走ってみたい方へ
春先は残雪が多いので避けましょう。
春から初夏はカタクリの花などを目当てに歩かれるハイカーの方が増えます。
MTBを伴った入山は避けましょう。雪が降る前の晩秋がお勧めです。
地元の方々が定期的に刈り払いなどしているルートです。
林道では慎重な運転を心がけ、地元の方には必ず挨拶をしましょう。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。